舞浜ユーラシア。



温泉ハッカソン Advent Calendar 2016 12月21日の記事です。



はじめに。


普段は犬との自転車散歩や、日々の飯炊き業務をブログに書いています、さくら(@sakura3900)といいます。今回はかれこれ15年くらい前のインターネットで知り合ったm43.netさんが企画した温泉ハッカソンの記事をひとつ書かせてもらうことになりました。


m43.netさんと知り合った頃はわたしもwindowsCE機のシグマリオンを3台くらい並べてウハウハしていましたが、2016年ももうすぐ終わろうという今となっては、もはや老兵の身。言ってしまえば「ハッカソンってなんなの?」ってところからのスタートだったのですが、銭湯・温泉系はときどき行っているので、空いている枠をひとつ埋めてみることにしました。


これで、m43.netさんがお湯にのぼせて年の瀬に入院したりがしなくなればいいなあ。



候補にした温泉リスト。


あけぼの湯(船堀・江戸川区)

天然温泉の銭湯+ロビースペースにお食事処があり、作業が捗りそうだったので。実際に行ってみたのですが、ソフトバンクのWi-Fiのみだったため断念。夏は扇風機用の電源がある席があったけれど、要交渉ではないかと。


東京健康ランド まねきの湯(船堀・江戸川区)

お一人様は結構平気なのだけど、行こうと思った日が土曜日の遅い時間だったせいか、ちょっとオラついた車が何台か入って行くのを見て帰宅しました。


大谷田温泉 明神の湯(亀有・葛飾区)

行ったことはないながら評判もよいみたいだったのですが、Wi-Fi環境があるかわからず足が向かずじまい。


舞浜ユーラシア(舞浜・浦安市)

行って来ました。


大江戸温泉物語 浦安万華鏡(新浦安・浦安市)

一人の作業には向かない感じはあるけど、畳の大広間があったり、お風呂も水着着用エリアがあったりで、男女混合温泉ハッカソンには一番向いていそうかと思われました。が、電話で確認を取ったところ、「Wi-Fiはあるけど電源は貸せない、宿泊者にも貸してない。」とのことできびしさを感じました。


クリーンスパ市川(市川塩浜・市川市)

建物の前を通りかかったことはあっても入ったことはないんですが、ごみ処理場の熱を使う系、でも実はセントラルスポーツのスパです。しかも源泉かけ流し。一度利用しようとしたことがあるこのお得プラン(pdf)が魅力的で4名様以上の温泉ハッカソンにいいかもと思ったのですが、Wi-Fi・電源環境が不明なので断念。でも、お得プランで個室に入るなら電源は使えるような気がする。(未確認です)



というわけで、舞浜ユーラシアへ行って来ました。


公式サイトにWi-Fiがあると明記してあったことと、そしてまだ行ったことがないという理由で舞浜ユーラシアへ行って来ました。


舞浜ユーラシアはTDLの右下、ディスニーシーのそばに位置しています。最寄駅は京葉線の舞浜(ディズニーリゾートラインの駅は除く)ですが、近隣のいくつかの駅から無料送迎バスが出ていましたので、わたしは東京メトロの浦安駅から利用しました。

東西線、東京最後の景色は東京23区唯一の非人工島の妙見島。

浦安駅は、各駅・快速ともに止まります。


ちなみに今回候補リストに挙げた温泉の、あけぼの湯(船堀)、明神の湯(亀有)以外は無料送迎バスが複数のルートで運行されてます。まあ、都心から近いとはいえ辺境の地にある温泉まで運んでくれる無料バスは、不便なようで便利なのか、便利なようで不便なのかは微妙なところですが、たまには旅行気分でバスに揺られるのもいいのではないでしょうか。

無料バス外観。
同じ場所に大江戸温泉のバスや、自動車教習所のバスも着くので要注意です。


毎時50分発のバスはしっかり定刻通りにやって来ました。20人乗りくらい。

そんなこんなで、浦安駅から25分ほどで到着しました。


舞浜にありがちな、トロピカルな風情。

舞浜ユーラシアはホテルでもあるようです。


スパの入湯料は2060円ですが、初月無料のデイリーPlusに登録してファミポートから平日チケットを発券して、1030円になりました。


バスを降りて入館してからお風呂に入るまでの流れや移動がちょっとわかりづらかったんですが、3Fのフロントで入湯料を払ってロッカーキーを受け取り、スパエリアの4Fへ移動。さらに4Fのフロントでタオルと館内着を受け取り、男女に分かれてスパエリアへ。ロッカーキーの番号のロッカーを探して脱衣→お風呂、という流れになっていました。館内着は作務衣とジャージからお好きなほうを。


男性用ハッカソンウェア2種。

ハッカソネーゼ用ウェアはこちらです。



ちなみに、お風呂は60点くらいでした。

辛口ですみません。


南国スパ風に仕上げてあったし、ちゃんと清潔でした。

でも総じて特徴がない感じ、お風呂の温度も全部似たような感じだし変化がないです。

公式サイトの写真も、ちょっと盛られてたんだなーという印象。



お風呂から出て5Fへ行ってみると、レストランとリラックス(深夜は仮眠)エリアでした。レストランなら作業は可能ですが、

リラックスエリアはみんな静かにテレビを見るか寝るかしていたので、お一人の作業ならギリいけるかと。でも椅子はあってもテーブルはないです。



舞浜ユーラシアはハッカソン会場になりえるか問題。


じゃあ結局、ここ舞浜ユーラシアでハッカソン出来るの出来ないの?というところですが、


Wi-Fi:〇

電源:△


というわけで、一応可能だということがわかりました。


まずWi-Fiですが、掲示物は発見できませんでしたが、係の方に口頭で「Wi-Fi使いたいんですけど、パスワード教えてください。」と聞いたら教えてくれました。試しに動画を見てみましたけど、速くもなく遅くもなく、特変ありませんでした。


それから電源ですが、パスワードついでに聞いてみたところ、電源は使えないとあっさりと断られてしまいました。でもわたしは見たのです、3Fのフロントの奥に手書きで【携帯電話充電 300円】と書いてあったのを。

(3階のフロント。館内着のままウロウロできます。)



「たとえば、PCも300円で充電してもらえますか?」と聞いたところ、「もちろんでございます。」とのこと。他ではクリア出来なかった電源問題も、ここ舞浜ユーラシアならかろうじて(?)クリアできました。


とすれば、お風呂に入ってる間に充電しておいてもらうといった形が現実的でしょうか。はたして、フル充電されるのが先なのか、のぼせるのが先なのかはよくわからないのですけど。


ハッカソンエリアは、3Fフロント前にあるここが一番よさそうです。

きっと快適にハッカソンできると思います。




そんなわけで、ハッカソンしたことのないわたしによる温泉ハッカソン記事に最後までお付き合いいただきありがとうございました。もう一生分のハッカソンを言い切ったし、こんなにハッカソン、ハッカソンって言ったんだから、わたしも一度くらいハッカソンしてみたい気がしてきました。今ならそう・・・餃子ハッカソンとか。


餃子で思い出しましたが、m43.netさんとわたしは先述の通り古くからの知り合いですが、いつも気がつくと(ネット上の)そこにいなくなっているという不思議な知り合いです。そしてある時フッとmixiで声をかけられたり、また忽然とIDが消えたかと思っていると、世を忍ぶ仮の姿であるはずのわたしのブログにコメントを残されたりしました。そしてまたTwitterでも数年前のある日突然リプが飛んで来て今に至るのですが、その日わたしは自分の誕生日だということに気づかず餃子を巻いていたところでした。

何度やられても驚きます。

しかも誕生日に餃子巻いてるとかはずかしいし。



そして昨日、記事書きましたと伝えたらこんなリプが来て、

時空を超えてCFカードが飛んで来ました。

すごい人でした。

昔のハッカソン道具、探したら出て来ました。

最後に、昨日コメントもつけず置いておいたこの謎画像は、当時のわたしのセカンドCE機、ポケットポストペット(改造済)です。モモちゃんカラーのピンクは恥ずかしくて塗装しましたが、自慢の1台だったので、つい懐かしくておいてしまいました。



という弁明にて、当ハッカソンもお開きとしたいと思います。


ありがとうございました。

東京さんぽ。

自転車でさんぽする東京下町の日常。

0コメント

  • 1000 / 1000